私たちの看護

院内認定重症心身障害児者専門看護師のページを開設しました


 平成23年度 当院に4名の院内認定重症心身障害児者専門看護師が誕生しました。
 認定を受けた専門看護師たちが日頃どのような活動をしているのか。これから随時掲載いたしますのでどうぞご覧ください。



← 看護学生に摂食機能訓練について、実演を示しながら指導しているところです。



 重症心身障害児者病棟に勤務し15年以上になります。患者さんは一人ひとりに個性があり、その個性を、いかに引き出し成長発達を促していくかが私たち看護師にかかっています。
 私は、重症心身障害児者看護をもっと深めると共に、他の専門分野の知識・技術を患者さんのために役立てたい、スタッフ指導に活かしたいと考え、院内認定重症心身障害児者専門看護師の研修を受講し認定を得ることができました。
 実技の講義での排痰療法は手の置き場所、圧のかけ方、呼吸とのタイミングなどを受講者同士で行い、講師の先生からアドバイスを受けることで、自信が持て、実際に患者さんに排痰療法を行うと、痰の上りがよくスッキリ排痰することができました。理学療法士より「この頃痰が少なくなったと思ったら金井さんがやっていたんだね」との言葉が聞かれ、効果の表れを実感することができました。このように知識を深め実践していくことは、自己の成長と共に看護の自信にも繋がります。今後はスタッフに対して、研修で学んだ摂食嚥下、呼吸リハビリ等、根拠を持ってアドバイスと指導を行い、患者さんに還元していきたいと思います。



  平成24年6月
  のぞみB病棟 副看護師長 金井美春








PAGE TOP ↑

これよりフッタ